ニュース

「ポスターにみる昭和40~50年代の東上線」開催

2013.05.01

 東武博物館では、昭和40~50年代に東上線沿線の駅や電車内に掲出したポスターを写真とともに紹介するミニ企画を開催する。

 当時の東上線は、住宅団地や工業団地などの開発が相次ぎ、こうした中、抜本的な混雑緩和にむけ地下鉄への乗入れを模索しながら、沿線の新駅の開業や電車基地の新設、車両の増備・長編成化、新型車両の導入や複線化・複々線化など輸送力増強のための事業が次々に実施され、これらの事業を東上線の利用者に周知するためポスターを制作し、駅や電車内に掲出したもので、当時のポスターから東上線沿線地域の発展ぶりをうかがい知ることができる。



■会期

 2013年4月27日(土)~6月23日(日)



■会場

 博物館ギャラリー



○東武博物館

■開館時間

 午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

■休館日

 毎週月曜日(月曜日は祝日・振替休日の場合は翌日)

 ※4月29日(月)開館 4月30日(火)休館

 ※5月6日(月)開館 5月7日(火)休館

■入館料

 大人200円 こども(4歳~中学生)100円

■最寄駅

 東武スカイツリーライン 東向島駅(駅のとなり)



■問合せ

 東武博物館 学芸課

 〒131-0032 東京都墨田区東向島4-28-16

 TEL 03-3614-8811



▲9000系就役時のポスター

P:東武博物館ニュースより


東武博物館 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加