ニュース

東急電鉄 特別仕様列車「Shibuya Hikarie号」デビュー

2013.02.28

 東急電鉄は、3月16日(土)に東京メトロ副都心線と相互直通運転を開始する東横線で、「渋谷ヒカリエ」の1周年を記念し、4月26日(金)から「Shibuya Hikarie号」の運転を開始する。

 「Shibuya Hikarie号」の外装は「渋谷ヒカリエ」をイメージした「ゴールド」をメインカラーとしてあしらい、内装にはさまざまなカラーを使った3種類のデザインモチーフを採用した特別仕様列車。

 1編成限定で、東横線だけでなく直通する東京メトロ副都心線、東武東上線、西武池袋線、横浜高速鉄道みなとみらい線内でも 「渋谷ヒカリエ」の最新情報をPRする。

 また通常の営業列車としてだけでなく、各種イベントを行なう列車としても運行する予定。



▼特別仕様列車「Shibuya Hikarie号」の外観イメージ。



イラスト:東急電鉄 ニュースリリースより(以下3点とも)



○運行開始日

 2013(平成25)年4月26日(金) 予定



○仕様

・外装

 「渋谷ヒカリエ」をイメージした「ゴールド」をメインカラーとし、渋谷の新ランドマークとなった「渋谷ヒカリエ」の外観をデザインしたラッピング。



・内装

 商業施設「ShinQs(シンクス)」や渋谷エリア最大級の飲食フロア、クリエイティブスペース「8/(はち)」、イベントホール「ヒカリエホール」、ミュージカル劇場「東急シアターオーブ」、オフィスなど、多彩な施設で構成される「渋谷ヒカリエ」の特徴と、多くの魅力が混在しているという渋谷らしさを、さまざまカラーを使った3種類のデザインで表現。

 また、背もたれを通常の車輌より高くして座り心地にこだわったシートや、環境に配慮したLED車内照明の採用など、さまざまな機能を備えている。



▼オフィスや「渋谷ヒカリエ」外観の透明感をイメージした1・3・8・10号車の客室内。





▼遊び心を表現した賑やかなイメージの2・4・6・9号車客室内。





▼東急シアターオーブや飲食フロアをイメージした格調のある、落ち着いたイメージの5・7号車客室内。





 なお、車輌のデビューイベントなどの情報は、「渋谷つながるプロジェクト」のサイトで発表となる。


渋谷つながるプロジェクト


東急電鉄 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加