ニュース

JR東日本3月ダイヤ改正 大宮・高崎・千葉支社ダイジェスト

2012.12.25

 12月21日に発表された2013年3月16日のダイヤ改正、ここではJR東日本大宮支社・高崎支社・千葉支社より発表された内容より、興味深いものを抜粋する。



■日光線に205系リニューアル車輌投入

 日光線に205系リニューアル車輌を投入し、全列車を4輌編成で運転。



■京葉線・武蔵野線 列車種別見直し

 朝通勤時間帯の京葉線の列車種別を4種類(通勤快速・快速・武蔵野快速・各駅停車)から2種類(通勤快速・各駅停車)に見直し。

 また、武蔵野線から京葉線東京方面へ直通する「武蔵野快速」は、京葉線内を終日各駅停車に変更。



■E233系の増投入

 東北本線(宇都宮線)の上野発着列車で使用している211系をE233系に置き換え。これにより上野発着となる東北本線(宇都宮線)の列車は、E231系とあわせて全列車が4ドア車輌となる。また、高崎線でもE233系使用の列車を増やす。なお211系は高崎線で上下各4本の計8本の列車が残る。



■特急〈草津〉〈あかぎ〉のグリーン車連結一変更

 7輌編成・14輌編成で運転している特急〈草津〉〈あかぎ〉のグリーン車連結位置を7輌編成では6号車から4号車に、14輌編成では4・11号車から6・13号車に変更。



■成田空港アクセス快速の増発

 データイムに千葉―成田間で運行している各駅停車3往復を横須賀線直通または東京発着の快速電車に変更し、東京方面との直通運転にするとともに、成田―成田空港間を延
長増発。これにより成田空港駅に発着する快速電車を各駅停車とあわせ22往復から25往復に増強する。



■総武本線・成田線で各駅停車の編成輌数変更

 総武本線・成田線で運転している5輌編成(211系3扉車)の電車を全て6輌編成(209系4扉車)に取り替え、編成増強による混雑緩和と円滑な乗り降りを促進する。



■久留里線一部列車のワンマン運転実施

 一部の列車において、ワンマン運転を実施。なおワンマン運転では木更津駅、横田駅、久留里駅のみ運賃収受を駅改札口で実施。他駅では最前部車輌の運転台付近にある運賃箱に切符又は運賃を投入する。


JR東日本高崎支社 ウェブサイト


JR東日本千葉支社 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加