ニュース

東急電鉄 新型総合検測車の愛称を決定

2011.10.21

 東急電鉄では、今年6月17日から7月19日まで、新しい総合検測車の愛称を募集していたが、社内選考の結果、『TOQⅰ(トークアイ)』に決定するとともに、車体に掲出するロゴデザインも決定した。



▼新総合検測車『TOQⅰ(トークアイ)』のロゴ。



イラスト:東急電鉄 ニュースリリースより(下画像とも)



 愛称選考理由は、東急線関係のワードとして浸透しつつある「TOQ(トーク)」に親和性があり、inspect(点検する・検査する)の頭文字を「eye」「愛」ともかけ、幅広い年代の方に呼びやすく、親しんでいただきやすい愛称であると考えたため。

 ロゴデザインコンセプトは、技術の象徴として、ボルトとナットをモチーフに採用し、inspect(点検する・検査する)の頭文字から採った「i」のデザインを「eye」とかけて親しみやすく表現。車体カラーリングとのマッチングを考慮して、ポップな色彩を採用した。

 今回の愛称応募には、東急線沿線をはじめ全国の幅広い年齢層の方から1,241種類・計1,713件の応募があった。

 なお、新総合検測車『TOQⅰ(トークアイ)』は来年3月にデビューする。



▼ロゴを貼りつけた新総合検測車『TOQⅰ(トークアイ)』のイメージ。


東急電鉄ホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加