ニュース

JR東海 東海道・山陽新幹線にN700A投入

2011.05.30

 JR東海は30日、700系の置換え車輌としてN700系以降の技術開発成果を採用した、N700A(N700系1000番代/「A」はAdvanced の略)の概要と投入計画を発表した。



 N700Aは、安定した、より強いブレーキ力を実現するために中央締結ブレーキディスクを搭載し、さらなる信頼性向上のため、全台車の状態を常時監視する台車振動検知システムを搭載する。さらにATC信号に沿った、より安定した運転を実現するために定速走行装置を搭載する。

 また、N700系と同等の省エネルギー性能を有し、700系を置き換えることで、編成あたりの比較で19%の電力消費量を削減する。

 このN700Aは平成24年度に6編成、平成25年度に7編成の計13編成が投入される予定で、投入後は同社保有の新幹線車輌の約7割がN700系タイプとなる。

 なお、車輌製作費用、補修部品の費用を含む概算費用は約660億円。


JR東海 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加