ニュース

〈南武支線開業80周年記念号〉運転

2010.11.24

 JR東日本横浜支社は、鶴見線・南武支線開業80周年記念列車第二弾として、〈南武支線開業80周年記念号〉を運転する。

 〈南武支線開業80周年記念号〉は、南武支線浜川崎駅から尻手・浜川崎駅(JR貨物)を経由して鶴見線鶴見駅へ向かうもの(往復乗車)。車輌は205系1000番代(2輌編成)が使用され、営業列車としては初めて鶴見線鶴見駅へ乗り入れる。

 なお、この列車は“びゅう旅行商品”として発売され、記念品として鶴見線・南武支線の全16駅の硬券入場券セット(台紙付)と開業80周年記念弁当が付いている。



■運転日:2010(平成22)年12月18日(土)・19日(日)

■運転区間

 浜川崎(南武支線)~尻手~浜川崎(JR貨物)~鶴見(鶴見線)を往復。

  ※鶴見駅以外は途中駅での乗降はできない



■使用車輌:205系1000番代 2輌編成

       ※80周年記念ヘッドマーク取付編成を使用



■商品内容

 ○〈南武支線開業80周年記念号〉の運賃(往復分)

 ○記念入場券(鶴見線・南武支線全16駅硬券入場券セット)

   ※鶴見線開業日の10月28日付の入場券で、使用することはできない

 ○開業80周年記念弁当(各日で弁当の掛け紙デザインは異なる)



■発売価格

 各日とも大人4,200円 こども3,700円

  ※一人につき、同行者1名まで申込可能。



■募集人員

 各日80名



■発売日・発売箇所

 2010(平成22)年11月24日(水) 14:00から川崎駅・武蔵小杉駅・武蔵溝ノ口駅・鶴見駅のびゅうプラザで発売。


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加