ニュース

JR東海 313系4次車を営業運転前に展示

2010.07.06

 JR東海では、老朽化した電車を取り換えるため、今年度から新製車輌を順次投入しているが、7月17日(土)に営業運転前の313系4次車を岐阜駅、名古屋駅、豊橋駅の3駅で展示する。



■実施日:2010(平成22)年7月17日(土)

■実施場所及び展示時間

○岐阜駅   2番ホーム 10:40~11:20

○名古屋駅 3番ホーム 13:10~14:25

○豊橋駅   5番ホーム 16:10~17:00



※JR線以外を利用の方は、それぞれの駅で入場券(大人140円・小人70円)が必要。

 なお入場券は購入時より2時間以内の有効となるので注意

※名古屋駅では117系を同一ホームに縦で並べる

※列車の運行状況により、展示時間が変更となる場合や、急遽展示を中止することが

 ある



■使用車輌:313系5000番代 6輌

◎展示車輌の主な特徴

○VVVF制御、回生ブレーキを採用するなど、省力、省エネ型の車輌

○快適性や静粛性、安全性に配慮

○安全性向上とバリアフリー関係設備をさらに充実



■車輌展示概要

○1号車内では見学者の方に313系4次車5000番代の特徴を記載したチラシを配布し、

 車内説明を実施。また、車輌オリジナルポストカードをプレゼント(ポストカードは数に

 限りあり)

○5号車内ではキャラクターデザインのトイカを臨時販売(1枚2,000円、1人1枚限り、各駅

 予定枚数に達し次第終了)

○6号車付近では乗務員の制服を着用し、駅長と一緒に写真撮影ができる「ちびっこ制服

 撮影会」を実施


JR東海 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加