ニュース

ビスタカーの階下席をグループ専用席に

2010.03.30

 近畿日本鉄道では、来たる4月29日(木・祝)より、30000系ビスタカーの階下席を、3~5名までの利用に限定した「グループ専用席」とし、階下席を他の利用客と相席にならない座席にする。あわせて、階下席をヨットのキャビンをイメージした座席に改造した車輌1編成を同日より運行する。



▼ヨットのキャビンをイメージした「グループ専用席」。当初は1編成のみだが、順次改造予定。



イラスト提供:近畿日本鉄道



★ビスタカー階下席の「グループ専用席」への変更

 2010(平成22)年4月29日(木・祝)の乗車分から、全てのビスタカー階下席を「グループ専用席」とする。



○変更日:2010(平成22)年4月29日(木・祝)の乗車分から(前売り開始は1か月前)

○利用条件:同一特急区間を乗車する3名から5名までのグループ利用

○特急料金:利用人数分の特急料金(おとな・こども別)

○発売箇所:近鉄の特急券発売窓口

○その他

・4月29日から、全てのビスタカ-階下席を「グループ専用席」とする。ビスタカーは順次改造予定だが、改造の有無に関わらず同じ取扱となる。

・グループ全員が同じ区間で利用になり、かつ全員分の特急券を1枚で発行できることが条件となる(他の特急列車との乗り継ぎが生じる場合も同様)。

・グループ専用席は、特急券自動発売機およびインターネット予約発売サービスでは取扱われない。

・乗車日が4月29日以降の列車は、インターネット予約発売サービスでビスタカー階下席を指定できなくなる。



★ビスタカ-(ビスタEX30000系)階下席の改造

 発売方法の変更にあわせて、ビスタカ-の階下席をヨットのキャビンをイメージした座席に改造した車両を1編成(4輌)運行。



○改造コンセプト

 伊勢志摩方面への観光目的の利用客をターゲットとして、伊勢志摩から連想される海と、デッキ部から階段を下って入る船室のイメージから、ヨットのキャビンをテーマとしたデザインとした。扉は設けず、和紙調のガラスを使用したパーテーションを階段下に設け、独立性を高めた客室としている。



○改造車輌数:1編成(4輌)

○運行開始日:2010(平成22)年4月29日(木・祝)

○運転本数:大阪―伊勢方面 平日2往復、土休日3往復

【平日 大阪→伊勢方面】

 大阪上本町10:50発 宇治山田行※

 大阪難波20:50発 松阪行



【平日 伊勢方面→大阪】

 鳥羽 8:18発 大阪上本町行

 宇治山田13:29発 大阪上本町行※



【土休日 大阪→伊勢方面】

 大阪上本町 7:50発 宇治山田行※

 大阪上本町12:50発 鳥羽行

 大阪難波20:10発 松阪行



【土休日 伊勢方面→大阪】

 松阪 5:41発 大阪上本町行

 宇治山田10:29発 大阪上本町行※

 鳥羽15:16発 大阪上本町行



 ※印は、4/29~5/5、7/17~8/31、9/18~9/20、10/9~10/11、12/29~1/10は鳥羽行・鳥羽

  発に変更



○その他

 当初の改造は1編成のみだが、他の14編成も今秋以降に順次改造予定。


近畿日本鉄道 企業情報サイト


近鉄電車ご利用案内・沿線情報 K’s PLAZA


  • このエントリーをはてなブックマークに追加