ニュース

JR四国 2010年3月ダイヤ改正

2009.12.18

 JR四国の2010年3月13日(土)ダイヤ改正の概要が発表された。主な内容は次の通り。



■予讃線

○特急〈いしづち33号〉と特急〈しおかぜ29号〉を併結運転

 高松―松山間の特急〈いしづち33号〉と岡山―松山間の特急〈しおかぜ29号〉は夜間に短い間隔で連続して運転していることから特急〈いしづち33号〉の時刻を変更、多度津―松山間で特急〈しおかぜ29号〉と併結運転する。

 特急〈いしづち33号〉の運転時刻変更に伴ない、快速〈サンポート南風リレー号〉を新たに設定し、高松方面から高知方面への利便性を確保する。



■土讃線

○特急〈南風6・23号〉を宿毛まで延長運転

 特急〈南風6・23号〉の運転区間を岡山―中村間から岡山―宿毛間に延長する。



○高知―須崎間の臨時特急を廃止

 朝時間帯に運転している高知発須崎行の特急〈あしずり51号〉と特急〈南風8号〉の須崎―高知間の延長運転は、利用客が少ないことから廃止する。



■牟岐線

○特急〈ホームエクスプレス阿南〉の運転時刻変更

 徳島発阿南行の特急〈ホームエクスプレス阿南3号〉の運転時刻を変更、徳島駅で高松・阿波池田方面からの特急と接続し、阿南方面への利便性を向上する。

【現行】徳島20:52→阿南21:25

【改正】徳島21:17→阿南21:48



○普通列車のスピードアップ

 牟岐線のホームこう上工事完成に伴ない、牟岐線全線で1500形・1200形気動車での運転が可能となることから、一部普通列車を1500形・1200形気動車に置き換えてスピードアップを図る。



■その他

○列車編成の見直し等

 高松―松山間を8000系電車3輌で運転している特急〈いしづち〉24本のうち16本を2輌編成に変更。編成変更となる列車は2輌編成で運転できるよう改良工事を行ない、工事を終了した編成から順次変更する。

 また普通列車では、利用状況にあわせワンマン運転の列車を拡大する。



○深夜時間帯の列車の時刻等を見直し

 利用の少ない深夜時間帯の一部の列車の行先を見直し、利用の多い時間帯に設定時刻を変更する。


詳しくはこちら


JR四国 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加