ニュース

秩父鉄道7000系が3月26日より営業運転開始

2009.02.18

 秩父鉄道では、新型車輛7000系(元東急8500系)を2編成導入し、2009(平成21)年3月26日(木)と3月30日(月)より営業運転を開始する。



 7000系は3輌編成で4扉ロングシート。各車側面に行先表示器が備わり、車内には車イススペース・車内LED表示器を設置。また自動放送(英語含む)やドア開閉時予告チャイムとランプ、床面には滑りにくい材質を使用した各種バリアフリーの設備を備えている。



■7000系主要諸元

○構成:3輌固定編成

○構体:M2C+T+M1C(全車ステンレス車輌)

○定員:先頭車136名・中間車151名(車イススペース付)

○最高速度:80km/h

○車体寸法:長さ20m×幅2.835m×高さ4.145m

○主幹制御器:ワンハンドル



■その他

 7000系車輌の営業運転開始にあわせ、乗車記念証の配布や記念乗車券の発売を予定。



■問合先

 秩父鉄道株式会社運輸課 TEL:048-523-3822(平日の9:00~17:00)


詳しくはこちら


秩父鉄道 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加