ニュース

キヤノン TS-Eレンズ2種発表

2009.02.18

 キヤノンでは、一眼レフカメラEOSシリーズ用交換レンズ用として、アオリ撮影が可能なTS-Eレンズシリーズ2種(TS-E17mm F4LとTS-E24mm F3.5L II)を5月下旬より発売する。価格はTS-E17mm F4Lが税別295,000円(ケース・キャップ付き)、TS-E24mm F3.5L IIが税別250,000円(ケース・フード・キャップ付き)。



▼(左)TS-E17mm F4L。(右)TS-E24mm F3.5L II





 TS-Eレンズシリーズはこれまで、TS-E24mm F3.5L、TS-E45mm F2.8、TS-E90mm F2.8の3本がラインナップされていたが、今回発表のTS-E24mm F3.5L IIはTS-E24mm F3.5Lの後継機種。さらに広角のTS-E17mm F4Lが加わることになる。



 今回発表の2機種は、高精度な大口径ガラスモールド非球面レンズを採用。直線部の多い建築物の撮影で問題となる歪曲収差の発生を極小に抑えて画面全域での高画質化を実現する。さらにUDレンズを採用し、倍率色収差を良好に補正している。また、キヤノン独自の特殊コーティング「SWC(Subwavelength Structure Coating)」を施し、入射角の大きな光によるフレアやゴーストを極小に抑えている。



■問合先

 キヤノンお客様相談センター TEL:050-555-90001

 ※海外からの利用の場合、または050からはじまるIP電話番号を利用できない場合は、

  TEL:03-3455-9353まで


詳しくはこちらから


キヤノン ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加