ニュース

東北新幹線 八戸―新青森間の開業は2010年12月目標

2008.11.10

 JR東日本では10日、東北新幹線八戸―新青森間の開業時期について発表した。開業時期は2010年12月目標とし、具体的な開業日については今後決定する。



 また東北新幹線の高速化も以前に発表されたとおり、2010年度末から2013年度末にかけて段階的に大宮―盛岡間で実施する。

 予定としては、現行最高速度240km/hとなっている大宮―宇都宮間は2010年度末以降は最高速度275km/hに。現行最高速度275km/hとなっている宇都宮―盛岡間は2010年度末より最高速度300km/h、2012年度末より最高速度320km/hとされる。

 また高速運転はすべて新型車輌で実施され、2010年度末には新型〈はやて〉2~3往復程度が300km/h運転を行ない、2012年度末には新型〈はやて〉が320km/h運転、新型〈はやて・こまち〉併結編成が300km/h運転を行なう。さらに2013年度末には新型〈はやて・こまち〉併結編成も320km/h運転を開始する予定。

 これにより東京―新青森間の最速列車到達時分は、2010年12月時点で3時間20分程度、2010年度末に3時間10分程度、2012年度末以降が3時間5分程度へと段階的に短縮される。

 また具体的な列車の設定については今後検討していく。


詳しくはこちら(PDF形式)


JR東日本 ウェブサイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加