ニュース

開港150年・野毛町誕生150年プレイベント 「鉄道と街づくり」シンポジウム

2008.08.25

 横浜・野毛地区には、日本で最初の鉄道が開業したときの初代横浜駅である桜木町駅、鉄道発祥記念碑、「日本の鉄道の恩人」エドモンド・モゼルの胸像など、日本の鉄道発祥に関連する施設が存在する。また、野毛町が誕生したのが横浜港開港と同じ1859年で、来年で150年を迎える。

 それを記念したプレイベントとして、野毛地区街づくり会・野毛地区振興事業協同組合主催によるシンポジウムが開催される。



開港150年・野毛町誕生150年プレイベント

 「鉄道と街づくり」シンポジウム




■基調講演:広岡友紀(鉄道ジャーナリスト)



■パネルディスカッション 「鉄道と街づくり」

 コーディネーター

  米山淳一(日本ナショナルトラスト元事務局長)

 パネラー

  広岡友紀

  長谷川弘和(鉄道友の会会員・元歯科医)

  池田隆一 (JR東日本・桜木町駅駅長)

  小林光政 (野毛地区街づくり会・元会長)



■「神奈川の鉄道」写真展  日本鉄道写真作家協会



○日時:2008(平成20)年10月13日(月・祝) ※写真展は10月13~17日

    13:00開場 13:30開演



○場所:横浜市中央図書館・B1Fホール

    横浜市西区老松町1

    京急日ノ出町駅下車 徒歩3分

    JR・横浜市営地下鉄桜木町駅下車 徒歩10分



○主催:野毛地区街づくり会・野毛地区振興事業協同組合

○共催:横浜市中央図書館

○協力:JR東日本横浜支社・日本鉄道写真作家協会・JTBパブリッシング

○後援予定:京浜急行・横浜市交通局・横浜高速鉄道・東京急行・神奈川新聞・横浜市


  • このエントリーをはてなブックマークに追加