ニュース

Jスルーカード 発売終了

2008.07.16

 JR西日本と近畿日本鉄道では、2001(平成13)年10月14日から「Jスルーカード」の共通利用を行なってきたが、「ICOCA」や「PiTaPa」などのICカードを導入以降、ICカードの利用が増加し、同様の機能をもつ「Jスルーカード」については、利用が減少していること、さらに使い捨てカードの取止めにより、環境、省資源化への配慮にもつながると考えられることから、2008(平成20)年 9月15日をもって発売を終了する。



 発売終了以降も、当分の間は従来どおり自動改札機、のりこし精算機、一部の自動券売機で利用が可能となる。

 なお2009(平成21)年春頃に自動改札機・のりこし精算機での利用を終了する予定で、近鉄バス、明石市営バスにおいても同時期までの利用となる予定となっている。

 また自動改札機などでの利用終了日までに使わなかったJスルーカードの残額については、利用終了日以降に無手数料で払いもどし取り扱いを行なう予定。

 また近畿日本鉄道では同時に「パールカード」の販売も終了する。



○詳しくはこちら(JR西日本 ウェブサイト内)

○パールカードの発売終了についてはこちら

  (PDF形式/近畿日本鉄道 企業情報サイト内)


JR西日本 ウェブサイト


近畿日本鉄道 企業情報サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加