資料館

名鉄広見線/善師野─西可児

2008.09.11
終焉近し!6連パノラマカー
08_09_11_panorama.jpg
2008.9.8
南 博之(愛知県)
【ガイド】バックは森、手前は田んぼですっきりとした編成写真を撮影することができる。画面下方に写っている農道からの撮影がこの場所での定番であるが、この作例のように背後の橋から見下ろすこともできる。午前中の下り列車(新可児方面行き)が順光。ただし、早朝には側面まで光が回らない。名古屋方面の直通列車は4連、広見線内折り返し列車は2連が基本であるが、広見線折り返し列車は犬山の車庫で余っている車両が代走に入ることもあり興味は尽きない。作例は平日11:09頃撮影。今では珍しくなった2扉6連車運用である。
【レンズ】150mm
【アクセス】列車利用の場合善師野駅を下車し、線路に並行したルートをとって西可児駅方面に15分ほど歩くと線路をオーバークロスする橋が見える。橋上から撮影。車利用の場合東海環状自動車道美濃加茂ICを降り、国道41号線を名古屋方面に約15分ほど。「四季の丘」を目指す。
【国土地理院1/25,000地形図】犬山
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加