資料館

山陽本線/熊山─万富

2007.05.14
山陽本線吉井川橋梁を俯瞰できるポイント
2007_05_09_Mantomi.jpg
2007.5.9
鈴木博之(岡山県)
【ガイド】瀬戸町向山公園にある「学習林小鳥の森」の万富駅方向だけは樹木が伐採されていて通称「万富の鉄橋」が俯瞰できる。既に松の木が植林されているため、これが成長すると視界が遮られる可能性があるが、ここ数年は大丈夫と思われる。13:20から14:20の1時間の間に下り5本、上り2本の貨物列車が通過する。終日逆光なので太陽高度が高い夏場がお勧め。
【レンズ】75mm
【アクセス】万富駅前の道を右に進み、最初の踏切を渡って道なりに進むと吉井川の土手に出る。山陽本線の踏切(ここも有名撮影地)を渡り、県道岡山赤穂線の合流点に出たら、県道を万富側に少し戻ると山裾に案内板が見えるので、この道を終点まで登る。徒歩で登る場合は途中に階段の近道がある。万富駅から徒歩30分程度。
【国土地理院1/25,000地形図】万富
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加