資料館

長野電鉄 2000系 D編成

2013.04.12
030412_nagaden.jpg
1964年8月日本車輌にて特急車2000系第4編成「D編成」が製造された。先に登場した3本はコイルバネ台車であったがこの編成は空気バネ台車を履いている。1989年に冷房化、2007年8月には二代目の塗装である「りんご色」に復元されており人気を博した。元小田急HiSEの1000系「ゆけむり」・元JR東日本N’EXの2100系「スノーモンキー」の登場により活躍の場が狭まったが、2000系4本の中では最も最後まで現役に留まり2012年3月の屋代線廃止最終営業列車をもって引退した。2012年6月からは小布施駅構内の「ながでん電車のひろば」にて展示保存されている。 ’10.12.16 長野電鉄長野線 善光寺下-本郷 P:楢井勝行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加