資料館

東急電鉄 東横線/白楽-東白楽

2013.04.12
多種多様な車輌の編成写真を
030412_9000.jpg
2013.3.13
宮田拓磨 (東京都)
【ガイド】都市部を走る東横線において、駅近できれいに編成写真を狙える貴重な沿線撮影地である。バックには、横浜市内らしい高台の住宅街が映り、よいアクセントになる。踏切の梯子の隙間を望遠レンズで見通すアングル。ポジションは限られているので譲り合って撮影してほしい。また、後ろがカーブしているため、10輌編成よりも8輌編成のほうがきれいに収まる。順光は午後早めの時間帯で、午後遅くなると左側の家屋の影が伸びてきてしまう。東横線の東京メトロ副都心線との相互直通運転を契機に、相互直通を行う5社の車輌(東急・みなとみらい・東京メトロ・西武・東武)を撮影できるため、飽きない。しかし、西武車・東武車の運用は比較的少ないので、確実に狙いたい場合は、予め運用を調べてから撮影に行くことを推奨する。作例の写真の東急9000系は東横線から撤退しており、現在は撮影できない。
【レンズ】180mm
【アクセス】東横線東白楽駅の左側の出口を出て、線路に沿って白楽側へ進んだ1つ目の踏切(白楽2号踏切)が撮影地。駅から徒歩3分。横浜上麻生道路の白楽公園入口交差点を白楽公園方向へ曲がった先の踏切。
【国土地理院1/25,000地形図】横浜東部
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加