資料館

松尾鉱業鉄道クモハ200形

2009.02.05
kieta_09_02_05_200.jpg
写真のクモハ202は元国鉄クモハ20054である。更に元を正せばかつては阪和間ノンストップ45分で走破した超特急にも活躍した阪和電鉄のモヨ106である。1966年に国鉄廃車後、200馬力の大出力モーターを買われてクモハ20052と共に松尾鉱業に引き取られ、勾配区間で国鉄乗り入れのキハ52や自社の客車牽引に活躍した。しかし1969年には旅客営業を廃止した為、弘南電鉄に引き取られ、モーターを低出力のものに取替え、さらにクハゃやサハにかく下げられながらも、末永く活躍、平成元年ごろに解体されたようである。 ’67.8 大更 P:永野晴樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加