資料館

宇野線/妹尾─備中箕島

2009.02.05
瀬戸大橋線の多様な列車群の撮影好適地
09_02_04_8000.jpg
2008.10.19
小林裕樹(埼玉県)
【ガイド】瀬戸大橋線を走る様々な列車を陸橋上から俯瞰気味に撮影するポイント。瀬戸大橋線は特急「しおかぜ」「南風」や快速「マリンライナー」などの優等列車をはじめとして列車本数が多く、撮影していて飽きない。この場所は単線で架線柱が線路の北側にあるため、手前に架線柱をかけることなくすっきりとした編成写真が撮影できる。順光となるのは午後の下り列車。かつてはこの周辺には良撮影地が点在していたが、備中箕島~茶屋町間は複線化の計画が進んでおり、単線区間で手前に架線柱をかけずに撮影できるポイントは貴重になってしまった。なお、この場所は歩道と車道が分離されていない陸橋であるため、車の往来の邪魔にならないよう充分に気をつける必要がある。
【レンズ】90mm
【アクセス】備中箕島駅下車、踏切を渡り線路の南側に出る。そのまま南下して川を渡り、左折して妹尾方向へ向かうと線路をオーバークロスする陸橋が見えるので、その陸橋上が撮影地となる。車なら瀬戸中央自動車道早島ICから約10分。
【地形図名】倉敷
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加