資料館

C57 65

2006.04.11
c5765.r.jpg
C57 65は、昭和13年8月に川崎車両で製造され、梅小路区に新製配置された。以後九州に転属して最終配置区は宮崎区。昭和49年4月の宮崎電化で廃車となった。同機は門司港区時代にC57 11と共に特急「かもめ」の専用機として活躍した。なお、熊本県の高森町に静態保存されているC12 241に付いている切取デフは同機のデフをカットして取り付けた物である。 ’68.3.27 日豊本線 海崎 P:松崎昌一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加