資料館

紀勢本線/朝来-紀伊新庄

2013.03.19
381系「くろしお」が車体をバンクさせてカーブを駆け抜ける
9052MB.jpg
2013.3.3
鈴木裕大 (神奈川県)
【ガイド】381系をインカーブ車体をバンクさせた振り子式車輌の特徴をよく現した姿を撮影できる。定期運用のある381系は新宮側はパノラマ車だが、対象列車が和歌山方面のため、「くろしお」の絵入りヘッドマーク側での撮影となる。作例は国鉄色381系による「なつかしのくろしお」の復路。その他に105系、283系、287系が狙い目。光線は午前遅い時間から側面に日が当り、次第に前面にも当たるようになるが、夕方にかけて線路に山影かかり始めるので注意が必要。撮影地の踏切から150m程朝来寄りの道から田畑を構図に入れて新宮方面の列車を撮影可能。
【レンズ】107mm
【アクセス】紀伊新庄、朝来両駅から遠いが朝来駅の方がやや近い。朝来駅から駅前の熊野街道から線路に沿ったルートで約1.5kmほどで約30分程。朝来駅から数えて3つ目にある大谷第二踏切脇の道が撮影地でそばの田畑が目印となる。阪和自動車道南紀田辺ICから国道42号へ進み、峠交差点で左折すると、すぐ目の前の畑峠随道と呼ばれるトンネルをくぐり抜けてそのまま400mほど直進すると踏切に出る。その踏切から400mほど紀伊新庄寄りに「大谷第二踏切」がある。
【国土地理院1/25,000地形図】紀伊田辺
【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加