特集・コラム

押さえておきたい!注目の静岡ホビーショー出展鉄道模型製品をピックアップ!

2022.05.14

text & photo:羽田 洋・RMM

↓ピックアップ製品のすべての画像はこちら!↓

この記事のすべての画像をみる

 いよいよ一般公開が始まった静岡ホビーショー。今回はここで展示・発表された、各鉄道模型メーカー注目の新製品をRM MODELS編集部でピックアップしてみました!会場に行けない方もぜひこちらで新製品をチェックしてみてください!

※静岡ホビーショー一般公開の事前入場受付は定数に達したため終了しております。ご了承ください。

■KATO

 KATOからは新たに300系の製品化が発表されました。これによりKATO製品で歴代「のぞみ」の車両が揃うことになります。また、東京メトロ半蔵門線18000系の試作品の展示、忠実なスケール感となったワム380000などの製品展示も行なわれていました。

■TOMIX・トミーテック

 TOMIXからは試験走行車をプロトタイプとしたHC85系ハイブリッド車、GV-E400形ディーゼルカーの秋田色と新潟色、16番での登場が発表された381系のモックアップなどが展示されています。また、カーコレクションは新たに“選”(セレクト)シリーズとなって復活。軽自動車の赤・青、普通自動車の白・黒とそれぞれ4台セットで発売予定です。

■マイクロエース

 マイクロエースからは近鉄26000系「さくらライナー」の試作品が展示されていたほか、新製品発表がなされたばかりのえちごトキめき鉄道413系急行色、サロ110 300番代などが登場しました。

■グリーンマックス

 グリーンマックスからは、先日発表されたばかりの新製品、311系の試作品モデルが登場したほか、話題の1:80プラキットのマルチプルタイタンパーの試作品、名鉄9500系、103系高運転台ATC車のスカイブルーとオレンジ、クモハ11 400番代・クハ16 400番代などがブースで展示されています。

■ポポンデッタ

 ポポンデッタからは、以前から予告していた新製品の都営5500形が塗装済の量産品サンプルが編成を組んだ状態で登場しました。また、阪神5700系、福岡市交通局2000系、また近鉄26000系「さくらライナー」の展示もされています。

 今回こちらの記事で紹介したのは編集部でピックアップしたものになります。会場では鉄道模型系だけでもその他様々な製品が発表・展示されています。各メーカー共、今後の製品展開に期待したいですね。

↓ピックアップ製品のすべての画像はこちら!↓

この記事のすべての画像をみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系