特集・コラム

10月の鉄道のデキゴト「四国最初の鉄道として伊予鉄道開業(1888年)」

2021.10.21

text:RM

四国だけ、最初の鉄道が今も「私鉄」

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! ティーブレイクにでも気軽にお楽しみください。

▲現在の高浜線を含む郊外線は元京王電鉄などの電車が走る。写真はオレンジ色一色の新塗装をまとった700系(元京王5000系)。
‘15.8.17 伊予鉄道郡中線 松山市 P:安藤宏晃(鉄道投稿情報局より)

 本日は、133年前となる1888(明治21)年の10月28日の出来事を振り返ってみましょう。この日、四国最初の鉄道として伊予鉄道の松山~三津間が開業したのです。私鉄が最初の鉄道だったというのにやや意外な感がありますが、実は九州最初の鉄道も九州鉄道という私鉄でした。しかし同社は後に国有化されて今のJR線の大元になっておりますので、伊予鉄道が今に至るまで私鉄の形態を維持しているのは実に稀有な存在、現存する私鉄の中では2番目に古い歴史を誇っているのです(ちなみに最も古い歴史を持つ私鉄は南海電気鉄道)。

▲伊予鉄道110形。西武鉄道151形を車体更新の上で導入した車両。戦前の川崎造船所特有の深い屋根が特徴だった。
‘82.8 伊予鉄道高浜線 松山市 P:深山剛志(消えた車両写真館より)

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加