特集・コラム

相鉄・東急直通線用新型車両21000系報道公開!

2021.09.03

text & photo:RM
取材日:’21.9.3 場所:厚木操車場
取材協力:相模鉄道

 相模鉄道では、相鉄・東急直通線用新型車両となる21000系を報道公開した。本系列は、2018年にデビューした20000系と基本を同一としつつ、10連の20000系(東急線内は東横線直通用)に対して、8連の21000系(東急線内は目黒線直通用)という位置づけとなる。

▲海老名方から見た編成。「特急・新横浜」の行先表示が目新しい。

外観
 車体外観は20000系とほぼ同一で、20m級4扉、裾絞り無しのアルミ製車体。グリル状の装飾を持つ先頭部形状も20000系と共通だ。向かって左にオフセットした非常用貫通扉を備えており、これは写真の通り外へスイングして扉が開き、そこへ斜めにはしごを掛けるようにして使用するものとなる。

▲20000系と共通となる、インパクトのある前面形状。行き先表示に「そうにゃん」を表示させることも可能!

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加