特集・コラム

9月の鉄道のデキゴト「信越本線・横川~軽井沢間廃止(1997年)」

2021.09.01

text:RM

日本有数の鉄道ドラマチックシーン、「碓氷峠」の最後

 「○月の鉄道のデキゴト」は、当月にあった過去の鉄道の「デキゴト」(路線の開通や車両の新製・廃車、そのほかの事件など)を振り返るコーナーです! ティーブレイクにでも気軽にお楽しみください。本日9月1日からは「9月の鉄道のデキゴト」として記事をアップして参ります!

▲旧型国電80系も、EF63と手をつないで碓氷峠を上下した。
‘77.7.28 信越本線 軽井沢 P:中村和久(今日の一枚Memoriesより)

 今回は、24年前となる1997年9月30日のデキゴトから振り返ってみましょう。国鉄線最急勾配区間として知られた信越本線・横川~軽井沢間(碓氷峠、通称「横軽(よこかる)」)が廃止され、翌10月1日に北陸新幹線(当時は長野までで、「長野行き新幹線」と案内された)が開業したのです。

▲EF63 15が先頭に立つ上り「あさま」だろうか。189系はEF63と協調運転することで最大12連運行が可能だった。
‘89.12 信越本線 軽井沢~横川 P:長岡行夫(消えた車両写真館より)

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加