特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:4-2 天竜浜名湖鉄道 天竜二俣駅(その2)

2021.06.13

取材日:’21.4.15
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。2021年7月号では連載第4回として天竜浜名湖鉄道の前編として天竜二俣駅を取り上げました。WEB編の2回目では、同駅併設の車両基地内の施設を紹介してまいります。

▲写真右手が運転区事務室、左手が浴場や休憩室。奥に高架貯水槽がにょっきり顔を出している。

 この車両基地、駅ホームからは上り方(掛川方)へ300mほど離れた位置にあり、駅ホームから複雑な引き上げ線配線を通して接続されています(何度かスイッチバックしないと入出庫できない配線)。一般の方向けに開催されている施設見学ツアーに則って、今回は駅ホーム付近から通用門を経て敷地外へ一度出て、運転区詰所付近にある入り口から再度鉄道用地にお邪魔する形で取材を行いました。

▲コンクリート製の高架貯水槽。容量70トン、高さ11m超。

 

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加