特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:3-8 銚子電鉄 銚子駅(絶対にあきらめない 銚子)

2021.05.23

取材日:’21.2.25
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。2021年5月号で取り上げた銚子電鉄をWEB編で補完してまいりましたが、ようやく最終回。路線の始点で、JR線との接続駅でもある銚子駅とその周辺を見ていきましょう。

▲手前の尖塔のような部分がかつての駅シンボル・風車の名残り。奥が待合室。

 ネーミングライツによる駅愛称は「絶対にあきらめない 銚子」となっています。崖っぷちと自ら表明している銚子電鉄だけでなく、人口流出・財政危機などに悩む銚子市全体への応援メッセージと言えるでしょう。ネーミングライツ取得者は2社の共同で、共に千葉市に本拠を置く(株)BAN-ZI(塗料開発製造)、(株)REPROUD(塗装施工)です。

▲「絶対にあきらめない ちょうし H.ANDO」と記された駅名坂。「H.ANDO」の由来は不明。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加