特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:3-7 銚子電鉄 仲ノ町駅(パールショップともえ仲ノ町)(後編)

2021.05.16

取材日:’21.2.25
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年5月号では銚子電鉄を取り上げており、本WEB連載もそろそろ大詰めが近づいてきました。前回につづき、同社中枢駅である仲ノ町駅について、今回は主に周辺状況などを見てまいります。

▲イラスト:遠藤イヅル(第1回掲載のものの部分アップ)

 仲ノ町駅は、銚子電鉄線の始発駅である銚子駅の次駅で、銚子駅を出て最初の踏切が妙見堂踏切と言います。ここを走る列車は当然ながら銚子電鉄の電車だけ…少なくとも今現在においては。しかしこの踏切は実はJR東日本が管理しており、線路自体もJRの所有物なのです。

▲銚子~仲ノ町間に位置する妙見堂踏切。写真右奥が銚子駅である。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加