特集・コラム

小湊鐵道 キハ40 2、JR時代の塗色を活かして営業運転開始!

2021.04.26

text & photo:RM
取材日:’21.4.13 場所(走行写真以外):小湊鐵道五井車庫
取材協力:小湊鐵道

 内房線の五井から房総半島中央部の観光地・養老渓谷を経て上総中野までの39.1kmを結ぶ小湊鐵道は、全線単線・非電化、かつ昔懐かしい里山の風景を随所に残す路線として今注目度が高まっている。

▲五井駅跨線橋からの、おなじみの眺め。長年ほぼ単一形式であった中に、JR東日本カラーのキハ40形が異彩を放っている。

 同社所属の営業車両は長年キハ200形全14両にて統一されていたが(「里山トロッコ」を除く)、JR東日本で廃車となったキハ40形の譲渡を受け、徐々にキハ200形を置き換えていくことになった。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加