特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:2-8 東武日光線・鬼怒川線 鬼怒川温泉駅

2021.03.21

取材日:’20.12.21
text & photo(特記以外):羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジンで好評連載中の「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介しております。発売中の2021年3月号では東武鉄道日光線・鬼怒川線を掲載し、WEB編ではその補完をしておりますが、その最終回として、前回の鬼怒川線新高徳駅の2つ先となる鬼怒川温泉駅を見ていきます。

▲駅前広場のターンテーブル越しに、駅舎を見る。

 ご存じの通り温泉地として高い知名度と規模を誇り、今も観光特急「きぬ」「スペーシアきぬがわ」、それに「SL大樹」の終点として活気ある拠点駅(鬼怒川線自体の終点ではない)ですが、この駅も「SL大樹」運転開始によって大きく生まれ変わりました。その最大のトピックが蒸機の転向のための転車台(ターンテーブル)です。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加