特集・コラム

第6回 185系、感動の落成

2021.01.27

■185系の開発コンセプトとは…

 伊豆方面の急行列車に使用していた153系の置き換え計画に始まった185系の開発は、計画当時の様々な経緯から、「汎用性の高い特急型車両」として今までの国鉄にない車両として誕生することとなった。

▲日本車輛を出場し、試運転を待つ185系の隣を通過する80系。

’81.8.6 飯田線 豊川 P:細矢和彦

 この新形式電車の設計思想を「185系電車説明書」から抜粋すると次のようになる。なお、本解説書は185系200番代が誕生する時点で作成されており、私の知る限り田町電車区配置の0番代車向けのものではないようだ。また、この説明書には電車の設計の考え方が述べられているのだが、現車が落成してからかなりの日にちが経ってから作られており、明らかに後付けの記述も見られる。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加