特集・コラム

シーナリー散歩 Scene:1-4 御殿場線 山北駅

2020.12.27

 取材日:’20.10.27
text & photo:羽山 健(RM)
同行取材:遠藤イヅル

 レイル・マガジン2021年1月号から新連載となった「シーナリー散歩」。全国の鉄道路線を訪ね、思わず模型にしてみたくなるような魅力的なシーナリーを見つけてご紹介して参ります。連載第1回でお送りしているのは、JR東海の御殿場線。そのWEB編4回目では、前回の駿河小山駅から2駅上り方向へ進んだ山北駅を見ていきましょう。

▲典型的な木造駅舎で、新建材によるリフォームも受けていない。

 この駅は、同線開業時(1889年)に、当初から開設された歴史ある7駅のうちの一つ。下り列車の場合ここから急勾配を登る区間となり、補機を当駅から連結するため山北機関区が併設され「鉄道の町」として栄えた歴史を持ちます。もっとも、本連載では何度も触れている通り、1934年に東海道本線の地位を熱海回りに譲って御殿場線となってからは静かな時を刻むようになり現在に至ります。山北機関区も、補機連結の必要性が薄れ、1943年に廃止。駅とその周辺の線路配置を見るとかつての栄華を偲ばせる痕跡がそこここに見つかります。

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加