特集・コラム

さかつうギャラリー「山川さんのCSを偲ぶ」を観覧してきました

2020.11.17

text&photo:鉄道ホビダス担当
取材日:’20.11.17

 主に1/87スケールで超精密な情景ストラクチャー及びアクセサリーを展開していたメーカー、Classic Story(CS、クラシック・ストーリー)。古き良き昭和時代を主なテーマとしつつ、情感溢れる世界観とシビアな実物検証・時代考証を両立した稀有なメーカーとして知られていました。

▲「三丁目の夕日」シリーズをはじめとする、同社製キットの組立サンプルなどを多数展示。

 しかし主宰の山川良一さんが昨2019年秋、病魔に倒れブランドは突如として終焉を迎えてしまいます。それを惜しむモデラーや業界関係者は数多く、今回、東京・巣鴨の「さかつうギャラリー」にて同氏・同社の功績を偲ぶ展示会が開催中なのです。(11月23日まで)

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加