ニュース

注目の企画が続々! 東武「SL大樹」が5周年のメモリアルイヤーを迎える

2022.08.05

 東武鉄道は、SL大樹が8月10日に運行開始5周年を迎えることを記念し、鬼怒川温泉駅前での「SL大樹運行開始5周年感謝祭」ほか、様々な催し物を予定していると発表した。
 各催しの内容は以下のとおりだが、記念セレモニーやヘッドマーク、鬼怒川温泉駅の記念装飾イメージも公開され、メモリアルイヤーおよび沿線の盛り上げを図っていくとのこと。詳細は以下のとおり。

【photo:鉄道ホビダス編集部】

◎運行開始5周年セレモニー
■日時:2022年8月10日(水)14:00~15:00
■場所:鬼怒川温泉駅前広場
■内容:関係者あいさつ、沿線サポーター表彰、下今市駅前へ設置予定の巨大チョークアート除幕式

【PR用ポスター】

◎そのほかの実施内容について

・記念乗車証デザイン変更:SL大樹車内で配布している記念乗車証を8月10日(水)から新しいデザインに変更し、乗車キャンペーンを実施。
・5周年記念グッズの販売:8月10日(水)よりSL大樹運行開始5周年記念乗車券を発売するほか、SL展示館や駅売店などでオリジナルポストカードやグッズの販売を開始。
・鬼怒川線でのSL大樹重連運転:昨年SL大樹として初めて実施した重連運転を、本年7月から運行開始したC11形123号機を利用して実施(9月予定)。
・「SLファンフェスタ」:下今市駅構内転車台広場にて、今回で3度目となるSLファンフェスタを実施(10月予定)。

◎5周年記念ヘッドマークについて
■期間:2022年8月10日(水)~8月14日(日)
■列車:上記期間中に運行するSL大樹およびSL大樹ふたら
■内容:期間中に運行する2両のSLのうち、C11形207号機には東武鉄道が、C11形123号機には東武博物館が作成したヘッドマークをそれぞれ掲出。

左は207号機、右は123号機に掲出するヘッドマーク

本件に関するリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系