ニュース

“ある場所”を除いて利用者が戻ってきた! JR東日本が各駅の平均乗車人数を発表

2022.08.01

 JR東日本が、2021年度(2021年4月-2022年3月)の同社エリア内各駅の乗車人員などのデータを公開した。公開されたデータは、1日平均の乗車人数を把握可能な駅を対象としており、最も多かったのは新宿駅の約52万人。対して最も少なかったのは平滝駅の2人であった。

 2020年度と比較すると、上位100駅中90駅が増加しており、引き続きコロナ禍にあっても、人手が戻りつつあることを表している。

 一方で、「品川駅」「新橋駅」「大崎駅」など、オフィスが多くあるエリアは前年比で低下しており、リモートワークの定着による通勤利用の減少が、原因の一つとして考えられる結果となっている。

 なお、今回発表されたデータでは、「駅別ベスト100」「駅別ベスト100以下」「新幹線駅別」「BRT駅別」をそれぞれ確認することができる。
【プレスリリースより】

各データはこちらよりご確認ください。

・各駅の乗車人員はこちら

・新幹線駅別乗車人員はこちら

・BRT 駅別乗車人員はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系