ニュース

ヴェールを脱いだ、アルピコ交通の新型車両20100形

2022.01.05

 アルピコ交通では、東武鉄道から20000型の譲受を受けた新型車両1編成の改造を施工中であったが、この度その第一編成が同社新村車両所にて姿を現した。

▲新島々側の車両「クハ20102」。元の中間車に運転台を新設した成り立ち。

 東武20000型は地下鉄日比谷線乗り入れ用の18m級電車で、既に70000型に置き換えられて地下鉄乗り入れ運用からは撤退。一部車両が短編成化などの改造の上で東武でのローカル線運用などに就いているが、この度1編成がアルピコ交通に譲渡されたもの。ステンレス製18m級3扉車という、地方私鉄では運用しやすい車体を持つことも、白羽の矢が立った一因かと思われる。いずれにしろ、東武の車両が他社に譲渡される事例は近年では極めて珍しい。

▲アルピコ交通としては初めてスカート付きとなった。また、幅の狭いスノープラウを装備している。

 譲渡されたのは中間車2両で、これに新たに運転台を追設した構造。系列名は20100形、2両編成で新島々側が「クハ20102」、松本側が「モハ20101」と付番される。運転台の形状は新設されたものだけに東武20000型のそれとはまったく共通性はなく、平面的で機能優先のもの。灯火類は窓上部にまとめ、腰下部分には特に何もない形状となる。彩色はまだ施されておらず、どのように仕上がるのか楽しみなところだ。

▲松本側車両(モハ20101号車)が、入場中の3000形3008号車と並ぶ。

 本年3月の運行開始に向け、年明けから本格的な整備が始まるとのことである。

画像提供(3点共):アルピコ交通

同社イメージキャラクター「渕東なぎさ」Twitter
アルピコ交通WEBサイト

関連記事
先頭車化改造で投入! 東武20000系をアルピコ交通上高地線へ譲渡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加