ニュース

好評によりヘッドマーク延長! そしてあのカラーリングもよみがえる!

2021.12.27

 いすみ鉄道は、JR四国より借り受けて10月より同社の国鉄型気動車への「いよ」「うわじま」のヘッドマーク掲出を、2022年3月末まで延長すると発表した。また、故障のため運用から外れていたキハ28について、修復および試運転が完了し、1月1日より運用に復帰し、これまでキハ52に掲出されていた四国急行ヘッドマークも、よりふさわしいキハ28装着にて実施する。

 また、延長に合わせて1月15日からキハ28形の「赤ひげ塗装」へのリバイバルも実施する。国鉄時代の予讃線、予土線などで走っていたミュージックホーン装着車の姿を再現するもので、ヘッドマークと合わせてコラボ感を高める企画となっている。詳細は以下のとおり。

【プレスリリースより】

「いよ」「うわじま」ヘッドマーク掲出について
期間:2022年3月31日(木)まで
運行予定:いすみ鉄道のホームページに掲載

急行「赤ひげ塗装」リバイバルについて
期間:2022年1月15日(土)~3月27日(日)
運行区間
 102D:急行2号  11:37発 大多喜→12:16着 大原
 101D:急行1号  12:46発 大原→13:23着 大多喜
 101D:普通 13:26発 大多喜→13:50着 上総中野
 104D:普通 14:00発 上総中野→14:23着 大多喜
※上記は3月11日までの運転時刻。3月12日以降は決定次第HPにて告知される。

【赤ひげ塗装イメージ】2008年にJR四国で運転された復刻塗装車での団臨運転。

‘08.9.14 土讃線 繁藤 P:酒井健一郎
鉄道投稿情報局より)

本件に関するリリース
いすみ鉄道WEBサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加