ニュース

京急新1000形1890番代、愛称は「Le Ciel(ル・シエル)」に決定!

2021.12.24

 京浜急行電鉄では、2021年5月にデビューした1000形新造車両について愛称を募集していたが、その愛称が決定したと発表した。応募総数は3,087件と予想を上回る多さで、そこから入選作品を選び、京急グループ社員の投票により、最優秀作品を決定したとのこと。

’21.4.24 京浜急行電鉄久里浜工場 P:RM

◎最優秀賞「Le Ciel(ル・シエル)」
応募者(ペンネーム):風の谷のさてう さん
愛称に込められた想い
 (1) 伝統の海水浴特急「ラ・メール号」をオマージュ。京急に乗って遊びに行く、わくわくする雰囲気をイメージ。
 (2) フランス語で空。京急といえば三浦半島と羽田空港だが、どちらも空がよく見える。海のイメージもあるが、京急線は高台や高架を走ることが多く、全線を通してみれば空がよく見える区間の方が多い。クロスシート時の快適な眺望を想起させる。車体横の青いロゴ・番号との相性も良い。
 (3) 「Le Ciel」の頭文字を取ると”L/C”。1890番代の特徴である”Long/Cross”を表している。
 (4) 日本語で発音すると”ルシエル”。4文字以内なので、覚えやすく親しみやすい。
 (5) 高級感のある響き。モーニング・ウィング号や、ウィング号を利用した際の優雅さをアピール。
 (6) ブルースカイトレインのように、ロゴにカモメのイメージを配するなどすれば、空と同時に海を想起させられる。また、コンセプトの散逸を防げる。

優秀賞
レッドラビット(赤うさぎ) 応募者:横山 洋一 さん
飛躍            応募者(ペンネーム):はぎ さん
サンサン号         応募者:川鍋 明久 さん
幸風            応募者(ペンネーム):ヨネダ さん

▲愛称掲出予定の場所。(愛称募集時の京急電鉄ウェブサイトより)

※愛称(Le Ciel)の掲出は、2022年3月頃を予定している。

詳しくはこちら
京浜急行電鉄WEBサイト

関連記事
京急1000形新造車両の愛称を募集! デビュー記念乗車券も発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系