ニュース

列車の乗務員が撮影・企画したオリジナルカレンダーを販売!

2021.12.09

 JR東日本水戸支社は、列車の乗務員として活躍する「いわき運輸区」「原ノ町運輸区」社員が撮影した写真を使用した、2022年オリジナルカレンダーを発売すると発表した。東日本大震災で被災し、2020年3月に全線運転再開を果たした常磐線にスポットを当て、福島県の常磐線沿線で撮影した写真を、一部現在では見られない風景も交えてカレンダーにしている。過去に発売したJREMALL限定版とは別バージョンとなっている。詳細は以下の通り。


(プレスリリースより)

■発売日
 2021年12月15日(水)

■商品名
 2022CALENDAR いわき運輸区・原ノ町運輸区オリジナルカレンダー
 (表紙含む13枚・A6サイズ卓上タイプ)

■発売箇所
 NewDaysミニ水戸1号、NewDaysミニ水戸7号、NewDaysいわきNewDaysミニ原町、NewDaysミニ相馬

■価格
 1,100円(税込)

🔶詳しくはこちら
🔶東日本ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加