ニュース

Osaka Metro中央線に2系列の新車…そのワケは?

2021.12.09

 Osaka Metro は、中央線に新型車両400系(6両×23編成)と新造車両30000A系(6両×10編成)を導入すると発表した。これは2025年に大阪 夢洲(ゆめしま)で開催される大阪・関西万博の輸送を見据えてのこととなる。

 まったくの新型車両となる400系は、最新の車両技術を取り入れ、現在、中央線を運行している20系車両の更新車両及び他路線へ転用する24系車両の置き替え車両として導入する。

 一方、30000A系は、2011年に御堂筋線で運行を開始した30000系車両を中央線用車両としてさらに改良したもの。万博開催期間中の必要な輸送力を確保するため、輸送力増強として導入し、万博後は谷町線に転用する計画だ。

新型車両400系について

400系の外観デザインイメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

 400系車両は、大阪・関西万博を契機に新世代車両として開発を進め、安全性はもとより移動手段としての新機能と高レベルの快適性を追求し、さらに、デザインも「乗って楽しい」を形にした。

 また、車両の低床化、優先座席の明確化などバリアフリー化を推進・踏襲するだけでなく、更なる安全性、乗客サービスの向上を進め、非常時に乗務員室で確認が可能な車内防犯カメラの設置、ワイド液晶ディスプレイによる4ヶ国語での運行案内、全車両への空気浄化装置や車内Wi-Fiの設置等、様々な特徴を随所に取り入れるとともに、車両状態の常時モニタリング、自動運転実証実験等の新たな技術開発にも取り組んでいく。

■【デザイン】
○外観

(Osaka Metro WEBサイトより)

 大阪・関西万博に向けて中央線を「活力インフラ」の舞台・夢洲につながる未来への路線と位置づけて、前面形状をガラス張りの展望形状とし、宇宙船を意識させる未来的デザインを採用。乗客からの展望や将来の自動運転の可能性を示唆する外観、そして Osaka Metro が提供するアプリや大阪シティバス、オンデマンドバスなどの MaaS との関連性を暗示させる魅力的なデザインとした。

 また、ホーム可動柵時代の乗降口の明確化と、最新室内装備によるコミュニケーションをデザインテーマとし、扉に中央線の号線色のグリーンを主体に、各車両の装備に応じた配色とした。

○室内
 天井を落ち着いた配色とすると共に、壁面と床面をより明るくし、機能に応じた多色使いの座席と相まって、モダンで快適な空間とした。また、クロスシート車両を1編成につき1両配備し、目的地に向かって移動するワクワク感や、パーソナルスペースの確保による安心感を提供する。

ロングシート部室内イメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

クロスシート部室内イメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

・座席の背を高くすることで、座り心地を向上させた。
・荷棚を利用しやすいように荷棚高さを全車100mm下げた。
・脱臭、除菌、PM2.5抑制、花粉やダニ等のアレル物質の抑制効果がある空気浄装置を全車両に設置。
・車内吊り広告を廃止し、車内の開放感を広げた。
・車内デザインと調和したLED照明を採用し、車内空間を明るく快適にした。

○車内案内装置
 全ての乗降口上部に、Osaka Metro の車両として最大となる21.5インチのワイド液晶ディスプレイを採用し、2画面構成により乗換案内や駅設備案内等、よりきめ細かな情報を提供できるようにした。日本語、英語に加え、中国語、韓国・朝鮮語の4か国語で案内を行う。

ディスプレイ画面イメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

ユーティリティスペース
 先頭車両にモバイル用電源(USB)付カウンターを設置し、乗客のニーズに対応できるようにした。

ユーティリティスペースイメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

新造車両30000A系について

30000A系車両の外観デザインイメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

 30000A系車両は、車両の低床化、優先座席の明確化などのバリアフリー化を推進・踏襲するとともに、より便利で快適に利用してもらうために車内の乗降口上部にワイド液晶ディスプレイを設置し、乗換案内や駅設備案内等をわかりやすく表示し、4ヶ国語による案内を行えるようにした。このほか、全車両への空気浄化装置、車内Wi-Fiの設置や一部の乗降口横のスペースを拡大してベビーカーや大きな荷物を持った方にも利用しやすくするなど、様々な特徴を随所に取り入れ、大阪・関西万博を見据えた車両にしている。

【デザイン】
○外観

(Osaka Metro WEBサイトより)

 車体形状は御堂筋線30000系と同様とし、デザインについては、号線色を残しつつ、これまでの号線色帯を改め、今までにない斬新なデザインとした。

 大阪のにぎわいと人々の輝く姿をドットでシンボル化し、今まで以上に人・街・乗り物が有機的につながりあう、これからの新しい未来を、スパークルドットとして表現した。それぞれのドットの意味として、ホワイトは街ゆく人々、アースグレイは街並み、グリーンは Osaka Metro の車両を表している。また、未来社会をゴールドで表現し、そこに存在するすべての要素が多様性をもってランダムに「集まる」「つながる」ことを表している。

室内
 腰掛の表布は背と座面で色を切り替え、背をゴールドイエロー、座面をターコイズブルーとし、下方に重心を置くことで、車内全体が明るく軽やかに、そしてさわやかな車内となるようにした。また、スパークルドットを車内にもアレンジすることで、新しい未来を感じさせるワクワク感を演出した。

30000A系室内イメージ(Osaka Metro WEBサイトより)

 30000A系は2022年7月から、400系は2023年4月からの運行開始を予定。Osaka Metro の新型車両の導入は、2011年に御堂筋線で運行を開始した30000系以来12年ぶりとなる。

🔶詳しくはこちら
🔶Osaka Metro WEBサイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185系