ニュース

2022年春デビュー 新たな「伊予灘ものがたり」!

2021.10.20

 JR四国は、2022年春に観光列車「伊予灘ものがたり」の新車両をデビューさせると発表した。車両がキハ185系となり、自動換気システムの導入や、個室、ペアシートなども登場する。詳細は以下の通り。

              ▲八幡浜側先頭イメージ(JR四国プレスリリースより)

               ▲松山側先頭イメージ(JR四国プレスリリースより)

列車コンセプト
 『レトロモダンな車内で大切な人と過ごす、上質な非日常空間』

運転開始時期
 2022年春予定

運転区間
 松山駅~伊予大洲駅・八幡浜駅間

車内設備

                    (JR四国プレスリリースより)

定員
 58名(1列車)

 ⑴1号車「茜の章」(グリーン座席・定員27名)
 海向き展望シート、2人掛け山側シート、4人掛けボックスシート

                    (JR四国プレスリリースより)

 ⑵2号車「黄金の章」(グリーン座席・定員23名)
 海向き展望シート、2人掛け海向きペアシート、2人掛け山側シート


                   (JR四国プレスリリースより)

 ⑶3号車「陽華の章」(グリーン個室・定員8名)
 2人掛けソファーシート4席

                    (JR四国プレスリリースより)

・3号車「陽華の章」ラグジュアリールーム
 「大切な人と過ごす時間と空間」をテーマとした、8名まで利用できる車両貸切のグリーン個室となっている。

・2号車ペアシート
 2号車の海向きシートの一部が、2名での利用におすすめのペアシートタイプとなっている 。

・車内モニター
 観光映像や前面展望ライブ映像を配信できるモニターを各車両に設ける。

・トイレ
 多目的トイレ1箇所、洋式トイレ2箇所(1箇所は女性専用)の計3箇所設置する。

・車内コンセント
 フリーWi-Fi、座席毎のコンセントを設ける。

■運賃
・車両リニューアルにともない特急料金を適用する。
・1号車「茜の章」と 2号車「黄金の章」は全車グリーン車指定席となる。
・3号車「陽華の章」は、利用人数分の運賃料金のほかグリーン個室1室料金28,000円が必要となる(定員8名、2名より利用可)。

🔶詳しくはこちら
🔶JR四国ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加