ニュース

3泊4日で四国4県列車巡り! 「四国一周号」の旅

2021.10.07

 JR四国と株式会社JTBメディアリテーリングは、四国デスティネーションキャンペーンとJTB旅物語30周年を記念して、貸切列車「四国一周号」を運行する。

 香川県の高松駅から3泊4日の行程で、自然豊かな車窓が魅力の四国4県を列車でめぐる。車両はJR四国の特急気動車キハ185系3両を使用し、通常は特急車両が運行しない路線も走行。阿波池田駅~徳島駅間はキハ185系3両に「藍よしのがわトロッコ」車両を併結して運行する。詳細は以下の通り。

(JR四国プレスリリースより)

■運転日
 2021年11月30日(火)~12月3日(金) 3泊4日

■車両
 キハ185系(一部区間は「藍よしのがわトロッコ」号を併結)

■運転ルート


(JR四国プレスリリースより)

■行程
●1日目
 高松→【予讃線】→松山
●2日目
 松山→【愛ある伊予灘線・予土線・土讃線】→高知
●3日目
 高知→【土讃線】→大歩危
・大型バスにて大歩危遊覧船や祖谷のかずら橋などを観光
●4日目
 琴平→【土讃線・徳島線・高徳線】→高松
・出発前の琴平では“四国まんなか千年ものがたり”専用の「ラウンジTAIJU」を特別見学
・秘境駅・坪尻でのスイッチバック体験
・阿波池田~徳島間は「藍よしのがわトロッコ」の併結運行
※4日間の昼食は各県ならではの弁当を用意

■発売
 JTBメディアリテーリングが大阪・中部・首都圏発のツアーを発売


(JR四国プレスリリースより)

🔶詳しくはこちら
🔶JR四国ウェブサイト
🔶JTB旅物語ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加