ニュース

東武鬼怒川線で初の「SL大樹重連運転」乗車ツアーに記念乗車券も!

2021.09.06

 東武鉄道は、2021年10月1日(金)に、鬼怒川線下今市~鬼怒川温泉駅間において、復活運転後の鬼怒川線で初となる「SL大樹重連運転」を実施すると発表した。JR北海道で活躍していたC11 207号機を先頭に、真岡鐵道で運転していたC11 325号機が連結されて運行されるほか、これに合わせて記念乗車券も発売される。詳細は以下の通り。


(プレスリリースより)

運行列車詳細
運転日時:2021年10月1日(金)
     下今市10:29発~鬼怒川温泉11:05着
     鬼怒川温泉15:37発~下今市16:14着
乗車定員:140人
 ※東武トップツアーズの旅行商品「SL大樹重連 乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」に参加することで乗車できる。
列車編成:


(プレスリリースより)

「SL大樹重連 乗り鉄&撮り鉄満喫ツアー」
ツアー内容:下今市から鬼怒川温泉まで「SL大樹重連運転列車」に乗車し、鬼怒川温泉駅で入換作業などの撮影。復路で再度「SL大樹重連運転列車」に乗車し、下今市からは350型の貸切列車で浅草まで乗車できる。
募集開始日
 ●一般募集:2021年9月9日(木)11:00~
 ●東武鉄道公式ファンクラブ会員先行募集:2021年9月6日(月)17:00~8日(水)18:00
ツアー料金(大人1人):通常客車プラン13,800円、ドリームカープラン15,800円
🔶ツアー詳細はこちら

SL大樹重連運転 記念乗車券
発売期間:2021年10月1日(金)~2021年10月31日(日)
発売金額:1セット1,000円(税込)
発売内容:片道乗車券(硬券仕様)3枚1セット
   一般式大人片道乗車券 東武日光から370円区間
   金額式大人片道乗車券 鬼怒川公園から370円区間
   金額式大人片道乗車券 東武ワールドスクウェアから260円区間
発売セット数:合計3,000セット
販売駅:浅草、とうきょうスカイツリー、曳舟、亀戸、北千住、西新井、竹ノ塚、草加、新越谷、北越谷、春日部、北春日部、東武動物公園、久喜、羽生、館林、足利市、太田、伊勢崎、新桐生、佐野、南栗橋、栗橋、栃木、新栃木、新鹿沼、下今市、東武日光、鬼怒川温泉、東武宇都宮、大宮、岩槻、七光台、野田市、流山おおたかの森、柏、新鎌ケ谷、船橋、池袋、下板橋、大山、上板橋、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、若葉、坂戸、東松山、森林公園、小川町、武州長瀬の各駅


(プレスリリースより)

🔶詳細はこちら
🔶SL大樹公式サイト
🔶東武鉄道ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加