ニュース

陸羽西線「狩川駅」の建て替え工事を実施!

2021.08.05

 JR東日本は、建設から107年が経過している陸羽西線「狩川駅」について、建て替え工事を実施すると発表した。詳細は以下のとおり。

▲左:既存駅舎 右:新駅舎イメージ(東日本旅客鉄道株式会社ニュースリリースより

■駅舎コンセプト
・狩川駅は、風車や桜の木、田園風景が広がる風光明媚な場所に位置する。待合室には美しい景色が眺望できるよう大きな窓を設け、腰壁やベンチ等の内装に木材を活用することで、温かみのある空間づくりを目指す。

・屋根については、既存駅舎の黒色と寄棟と切妻の組み合わせを継承する。外観は周囲の風景に馴染むような木目調の外壁とし、内観については、主体である木材を惹きたてるため白色を基調とした壁を採用する。

■駅舎概要
●駅住所
 山形県東田川郡庄内町狩川今岡112番地

●乗車人員
 43人/日(2020年度)

●構造・規模
(旧)木造1階建延床面積約110㎡
(新)木造1階建延床面積約40㎡

■工事概要
 既存駅舎とホームの間に新駅舎を新築し、その後既存駅舎を撤去する。既存駅舎から新駅舎への切替えは2021年12月末を予定している。

 新駅舎新築工事:2021年8月末~12月末(予定)
 既存駅舎撤去工事:2022年3月以降(予定)

🔶詳しくはこちら
🔶JR東日本ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加