ニュース

盛岡~青森開業130周年記念!「リバイバル特急スーパーはつかり」運行!

2021.07.19

 来る2021年9月1日、旧JR東北本線(現IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道)の盛岡~青森間が、1891(明治 24)年の開業から 130 周年を迎える。これを記念し、かつ現在開催中の東北デスティネーションキャンペーンの特別企画として、かつて盛岡~青森間で運行していた特急列車「スーパーはつかり」を、一日限りの「リバイバルトレイン」として特別運行(団体臨時列車として旅行商品での発売)することが決定した。運行区間は全区間IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道という第三セクター鉄道で、そこをJRの特急型車両が走るのは貴重な機会となるだろう。

▲「スーパーはつかり」時代の6連のE751系。今回のリバイバルトレインは現行の4連での運行となる。P:寺尾武士

 「はつかり」はかつて東北方面に初めて設定された特急列車の名称として登場。長年、上野~青森という東北本線ほぼ全線を走破する名門特急として君臨した。1982年の東北新幹線盛岡開業では盛岡~青森の新幹線連絡特急に性格を変化させ、さらに1988年の青函トンネル開通後は一部列車が函館まで乗り入れるようになった。

 E751系「スーパーはつかり」は、盛岡~青森の特急「はつかり」の速達型列車として2000年3月11日にデビュー。同区間の所要時間を10分短縮し、最速1時間58分で結んだ(なお、同系は青函トンネルには乗り入れていない)。2002年12月の東北新幹線八戸開業により「スーパーはつかり」としての運行を終了し、以後同系は八戸~青森~弘前間の特急「つがる」に充当。2010年12月の東北新幹線新青森駅間開業後、やや間を置いてから短編成化の上で青森~新青森~秋田間の特急「つがる」として運行されるようになり、現在に至っている。

運行日
 2021年9月4日(土)

運行区間
 青森~盛岡(往復)

運行時刻

(プレスリリースより)

使用車両
 E751系4両編成

乗車特典
 記念乗車証プレゼント

(プレスリリースより)

■ツアーコース
①片道Aコース(青森→盛岡)
 大人1名:16,000円 小人1名:12,000円

②片道Bコース(盛岡→青森)
 大人1名:16,000円 小人1名:12,000円

③往復Cコース(青森→盛岡→青森)
 大人1名:28,000円 小人1名:19,000円

④往復Dコース(青森→盛岡→青森、グリーン車乗車)
 大人1名:35,000円 小人1名:23,000円

⑤東京発・青森発盛岡行き乗車日帰り(東京→新青森→青森→(リバイバルスーパーはつかり)→盛岡→東京
 大人1名:41,800円 小人1名:29,800円 ※先着順発売

⑥東京発・盛岡発青森行き乗車日帰り(東京→盛岡→(リバイバルスーパーはつかり)→青森→新青森→東京
 大人1名:41,800円 小人1名:29,800円 ※先着順発売

▲特製弁当イメージ(プレスリリースより)

※詳しくは(株)びゅうトラベルサービス 「日本の旅、鉄道」サイト(こちら)を確認のこと。

■発売開始日
 2021年7月20日(火)
 10:00(①~④コース)、14:00(⑤⑥コース)

■抽選締切日(①~④コース)
 2021年7月27日(火)23:59

※(株)びゅうトラベルサービスのほか、クラブツーリズム(株)、(株)阪急交通社でも今後商品発売を予定。

🔶詳しくはこちら
🔶JR東日本ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加