ニュース

西武鉄道、太陽光発電でレオライナーを運行!

2021.03.31

西武鉄道は、 西武鉄道山口線(愛称:レオライナー)で使用する電気使用量の全てを 、自社で運営する「西武武山ソーラーパワーステーション」が発電する環境価値が付いた電力で賄うこと により、2021年4月1日(木)から 実質CO2排出ゼロで運行することを発表した。
 今回の取り組みは、日本初の自社太陽光発電由来の環境価値が付いた電力による通年・全列車の運行となっている。これにより、従来年間約300t排出していたCO2を実質ゼロで運行することが可能となる。
 これは、西武グループの経営理念である「グループビジョン」に基づき、SDGs Sustainable Development Goals :持続可能な開発目標)への貢献を意識した「サステナビリティアクション」の一環となっている。

(西武鉄道プレスリリースより)

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加