ニュース

JR西日本 新幹線・在来線特急の一部定期・臨時列車の運休を発表

2021.02.12

 JR西日本は、今後の運行計画を発表した。対象となる列車は、3月中に運行予定であった山陽新幹線の臨時列車全てと、一部の北陸新幹線「つるぎ」と在来線特急列車。詳細は以下の通り。

20190910030603-15ac6f096a8ffe77acd8145a780fe0874cffff2a.jpg
 ’19.9.7 北陸新幹線 安中榛名 P:赤沢節子
今日の一枚より

◎山陽新幹線の臨時列車運休について
■運休となる期間
 3月1日~3月31日

■運転を取りやめる列車
 臨時「のぞみ」 210本

🔸詳しくはこちら

◎一部の北陸新幹線「つるぎ」と在来線特急列車の運休について
■運休となる期間
 3/13 から当面の間

■運休の対象となる列車
・北陸新幹線「つるぎ」:金沢~富山間で一日あたり最大36本運行のところ、当面の間平日28本、土休日27本の運行を予定。
・「サンダーバード」:大阪~金沢間で一日あたり最大50本運行のところ、当面の間28本の運行を予定。
・「くろしお」:定期列車の上下6本運休と一部列車の区間短縮を実施。また、臨時列車を上下6本運休予定。
・「こうのとり」:定期列車を上下8本運休。また、臨時列車を上下4本運休予定。
・「きのさき」「はしだて」「まいづる」:京都~福知山間で一日あたり最大30本運行のところ、当面の間18本の運行予定。
・「やくも」:岡山~出雲市間で一日あたり30本運行のところ、当面の間16本の運行となる予定。

🔸詳しくはこちら
🔸JR西日本ウェブサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加