ニュース

鉄道開業当時の遺構「高輪築堤」の出土と保存検討

2020.12.02

 JR 東日本は現在進行中の品川開発プロジェクトの計画エリア内において、明治初期に鉄道を敷設するため海上に構築された構造物の一つである高輪築堤の一部とみられる構造物が出土し、これを保存や公開展示などを検討していくと発表した。詳細は以下の通り。

▲出土した「高輪築堤」の橋台部分(JR東日本プレスリリースより)

■高輪築堤の出土について

全部を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加