ニュース

2021年春、きのくに線への新型車両導入

2020.08.27

JR西日本は2020年春のダイヤ改正に続いて、きのくに線の紀伊田辺駅~新宮駅間に新型車両(227系)を2021年春に導入すると発表した。また、新型車両には車載型IC改札機を搭載し、ICOCAエリアが拡大する。また、これにより和歌山県全域でICOCA・ICOCA定期券が利用可能となる。

 

■きのくに線への新型車両導入

きのくに線(紀伊田辺駅~新宮駅間)に、227系車両を導入し、同区間の普通列車は227系車両(2両編成)に統一される。また、同車両には車載型IC改札機を搭載しているためICOCAの利用エリアが大幅に広がる。

227系車両(JR西日本プレスリリースより)

227系車載型IC改札機(左:入場用、右:出場用)(JR西日本プレスリリースより)

 

■和歌山県全域へのICOCAエリア拡大

2021年春から、新型車両(227系)の車載型IC改札機により、きのくに線紀伊田辺駅から新宮駅間の新たな21駅でICOCA、ICOCA定期券が利用可能となる。

ICOCAエリア拡大路線図(JR西日本プレスリリースより)

エリア拡大告知ポスター(JR西日本プレスリリースより)

🔶詳しくはこちら

🔶JR西日本ウェブページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加